口コミで人気の高いアンチエイジング治療|施術の特徴を徹底リサーチ

見違えるほど、綺麗になれた!!

初期から重度で最適な施術

ナース

施術ごとの特徴

人によってしわの深さや肌のハリの度合いなど、肌老化の進行度が違います。美容外科で若返り系の施術をするなら、自分のしわやたるみの度合いにあった美容整形をすることが大切です。30代〜40代なら、一般的にまだそれほどしわが深くない年代です。しわやたるみの初期には、口コミで人気がある「皮膚再生医療」がおすすめです。肌にハリを作っているのはヒアルロン酸やコラーゲンなどの弾力成分ですが、それは年齢を重ねるとどんどん減少していきます。美容外科で皮膚再生医療を施すことによって、失われたヒアルロン酸やコラーゲンが復活し、初期のしわやたるみが解消します。皮膚再生医療でよく使われているのがサーマクールなどの照射マシンです。サーマクールは高周波で真皮層に熱ダメージを与え、皮膚の再生を促すマシンです。多くの美容外科で導入していて、アンチエイジングにうるさい30代以降の女性達の間で口コミで評判です。サーマクールが口コミで人気なのは、顔にメスを入れる手術ではなく、肌に高周波をあてるだけの施術だからです。メスを入れないのでダウンタイムがなく、体への負担はまったくなしです。高周波は表皮にダメージを与えずに真皮層だけにアプローチする働きがあるので、見た目的にまったく傷が残らず、家族にもばれないでアンチエイジングができます。まだしわが浅く目立たない段階なら、サーマクールだけでも十分に効果的です。40代〜50代になると、サーマクールなどの皮膚再生医療だけでは十分にアンチエイジングができないケースがあります。そういう場合は、皮膚再生医療にプラスして「糸のリフトアップ」をすると効果的です。糸のリフトアップは、棘や返しがついた特殊な糸を顔の中に通して、糸の力で皮下からたるみを持ち上げる最近口コミで人気の施術です。施術の方法は沢山ありますが、くっきり刻まれたほうれい線にはスプリングスレッドリフトが効果的です。スプリングスレッドはほうせい線の下にある筋肉になじみやすいシリコンとポリエステルの糸です。伸縮性があり表情筋にフィットするので、笑ったりしても不自然な感じがせず、仕上がりがとてもナチュラルです。溶けない糸なので効果が長持ちするのもメリットの一つです。しわやたるみがひどくなってきたら、サーマクールと糸リフトを組み合わせたアンチエイジングをすると効果的です。たるみレベルがマックスになった場合、最終的な手段として残るのが「フェイスリスト手術」です。メスで目立たない部位を切開してだぶついている皮膚を切り取り、縫いとめて固定します。皮膚再生医療や糸リフトよりも強力なリフトアップ効果があり、50代以降で10才以上若返りたい人に最適です。フェイスリフト手術なら、頬のたるみや目の下のたるみ、フェイスラインの崩れなどを一度の手術でしっかりと引き上げることができます。フェイスリフトは顔のメスを入れる手術なので抵抗がある人も多いですが、最近は医療技術が向上しているので少ない切開範囲でしっかりとリフトアップできます。しかも手術後の傷跡は、近くでじっくり見てもわからないほど薄くなります。