家作りに関する知識を身につけて役立てましょう|注文住宅のつくり方

設備機器を選ぶ

女性

ショールームへ出かけよう

大阪で新築の家作りで大切なのは、設備機器選びです。実際に大阪のショールームに足を運んで自分の目で確かめましょう。まずは新築の家では何人の家族が暮らし、毎日をどういう風に過ごすことになるかを整理します。もし日中家族がいなくて夜の時間を大事にしたいのであれば、家族が寛げるような照明や空調などリビングの設備を充実させるといいでしょう。高齢者が一緒に住む大阪の家ならば、お年寄りでも安心して使えるバリアフリー仕様のバスルームやトイレを選ぶことになるでしょう。また、それぞれの部屋はどういう目的で使うことになるのかを明確にしておく必要があります。子供の勉強部屋では物が見えやすい明るい蛍光灯を、逆に寝室では落ち着きのある白熱灯を取り入れるなど、その部屋で何をするのかによって、照明や空調、壁の色まで必要とする条件が変わってきます。予め新築の家での暮らしを自分なりにイメージしておきましょう。さらに整理しておきたいのが、新築の家で使う予定の家具についてです。設備機器と他の家具とのバランスはとても大事です。今まで使っていたものや新しく購入するものなど、それらのデザインやカラーをもう1度確認しましょう。もし、そこまで具体的なビジョンが出来上がっていないのであれば、まずは幾つかのショールームに出かけるのも1つ案です。大阪のショールームには、最初の設計図ができた頃に行くのがおすすめです。特に電気設備類は工事が始まってからからでは、配線計画の変更が難しくなり選ぶものが限られます。設計図を見ながら、具体的な家の間取りがある程度イメージできるようになったら、早速ショールームへ出かけましょう。