家作りに関する知識を身につけて役立てましょう|注文住宅のつくり方

見積書の段階で予算調整

婦人

予算を正確に伝える

一戸建ての家作りの具体的な希望が固まったら、要望を伝えてプランや概算見積もりを出してもらいます。見積書で賢く予算調整するには、一戸建て工事費の仕組みを理解し、費用の抑えどころを掴むことがポイントです。見積もりの段階では、まず一戸建ての予算を正確に伝えます。建て主が曖昧な態度では施工会社もアバウトな見積もりで良いと勘違いしてしまうからです。予め自己資金や借入金はどれぐらいかを十分に検討しておき、これだけの予算内で枚方に一戸建てを実現したいという情熱を伝えることが大事です。枚方で見積もりを依頼する際、要望をできる限り具体的にしておき、予算の大枠、必要な部屋数、間取り設備などの希望はなるべく細かい部分まで伝えます。設計と施工を1つの枚方の会社に依頼した場合は、見積もりの段階でプラン面の提案が同時に行われるので、ここでの要望の出し方で見積もりの精度が大きく違ってきます。数社に相見積もりという形で依頼する際は、比べやすくするために要望事項を整理した書類を作っておき、コピーして配布すると良いでしょう。見積もり時に提出される書類には、概算見積もりやラフプランなどがあります。ラフプランは平面図や立面図、スケッチなどを作るのが一般的ですが、これだけでは枚方の家の形は分かっても、工事の内容やグレードまでは分かりません。そこで、それが分かるように見積もりの内訳明細書、仕様書、仕上表などできるだけ詳しい書類を提出してもらうと、より判断しやすくなります。